2009年11月09日

オルゴール(MP3)「冬の夜(ふゆのよ)」

オルゴール深夜便オルゴール深夜便N0111:
文部省唱歌「冬の夜(ふゆのよ)」

2009年11月9日(月)晴れ

訳詞:

1)
燈火(ともしび)ちかく 衣(きぬ)縫(ぬ)う母(はは)は
春(はる)の遊(あそび)の楽(たの)しさ語(かた)る
居並(いなら)ぶ子どもは 指(ゆび)を折(お)りつつ
日数(かず)かぞえて 喜(よろこ)び勇(いさ)む
囲炉裏(いろり)火(ひ)はとろとろ
外は吹雪(ふぶき)

2)
囲炉裏(いろり)の端(はた)に 繩(なわ)なう父(ちち)は
過(す)ぎしいくさの 手柄(てがら)を語(かた)る
居並(いなら)ぶ子(こ)どもは ねむさ忘(わす)れて
耳を傾(かたむ)け こぶしを握(にぎ)る
囲炉裏(いろり)火(ひ)はとろとろ
外は吹雪(ふぶき)

※プレーヤーの「DL」ボタンを押すとダウンロード出来ます。

新曲です。
これからが旬の曲ですね。冬には冬の過ごし方があったようですが、時代とともに季節感が無くなって行くような気がします。まだチョット調整不足のところもありますが、さて、どうでしょうか...

では、おやすみなさい。

Arranged by Londo Station
posted by Londo at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ロンドのオルゴール深夜便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Londoさん、こんにちは*^^*

新曲ですね〜♪
懐かしい風景が浮かんできます。
magu7☆も小さいころには、もうこんな感じではなかったんですが
昔はみんな囲炉裏や、掘り炬燵を囲んで団欒したり
夜なべ仕事したり、暖を取りながらくつろいでいたんでしょうね。
とてもホッとできる時間でした☆
いい感じです(^^♪
Posted by magu7☆ at 2009年11月09日 15:23
maguさん、こんにちは。

大昔の歌ですね。
テレビもパソコンも無い頃の歌ですから、現在とはかなり状況が違います。エアコンが普及して、田舎へ行っても囲炉裏のある家は少なくなったのではないでしょうか。最近では温暖化で雪もあまり降らないし、季節の変わり目があいまいになってしまいましたね。
Posted by Londo at 2009年11月09日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック