2009年01月08日

オルゴール(MP3)「冬景色(ふゆげしき)」

オルゴール深夜便オルゴール深夜便N0099:
文部省唱歌「冬景色(ふゆげしき)」

2009年1月8日(木)晴れ

歌詞(作詞・作曲者不詳):

1)
さ霧消ゆる 湊江(みなとえ)の
舟に白し 朝の霜
ただ水鳥の 声はして
いまだ覚めず 岸の家
2)
烏啼きて木に高く
人は畑に 麦を踏む
げに小春日(こはるび)の のどけしや
かえり咲の 花も見ゆ
3)
嵐吹きて 雲は落ち
時雨(しぐれ)降りて 日は暮れぬ
もし燈火(ともしび)の もれ来ずば
それと分(わ)かじ 野辺の里(さと)

※プレーヤーの「DL」ボタンを押すと、ダウンロードできます。

新曲です。
99曲目のオルゴールです。後1曲で大台に乗ります。いつの間にかと言うか、ようやくと言うか...

では、おやすみなさい。

Arranged by Londo Station
posted by Londo at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ロンドのオルゴール深夜便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
「冬景色」。。風景が目に浮かぶようです・・
今読んでる本の景色が浮かんできます。

>時雨(しぐれ)降りて 日は暮れぬ
もし燈火(ともしび)の もれ来ずば<

昔の日本の冬が懐かしいですね。
お仕事頑張ってますかぁ〜〜(^^/ ファイトォ〜〜♪

Posted by magu7☆ at 2009年01月08日 13:07
maguさん、こんばんは。

毎日クタクタになってます。
慣れない仕事はやるものではないですね。なかなか断れないのが辛い〜!

「冬景色」は今が旬の曲ですね。
明治時代に出来た歌ですが、誰の曲か分からないそうです。「文部省唱歌」の中にこう言う曲が沢山あります。
Posted by Londo at 2009年01月08日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック